【徹底解説】ディズニーデラックスからディズニープラスになって何が変わった?何が違うの?
ディズニーデラックス(Disney DELUXE)からディズニープラス(Disney Plus)になって何が変わった?何が違うの?

こんな疑問に答えます。

本記事では、ディズニーデラックスディズニープラスの料金や配信作品のラインナップの違いなどを解説します。

「ディズニーデラックス(Disney DELUXE)」は2019年3月に日本限定でサービスを開始しました。運営はNTTドコモとウォルトディズニーが共同で行っています。

一方「ディズニープラス(Disney Plus)」は2019年11月にアメリカ、カナダ、オランダの3か国でサービスを開始しました。運営はウォルトディズニー単体で行っています(日本版はNTTドコモと協業)。

そして、ディズニープラスが2020年6月11日に日本に上陸します!

現在、ディズニーデラックスの会員の方は、追加料金なしで、そのままディズニープラスを利用することができます。

ディズニーデラックスが6月10日までで、6月11日からディズニープラスにサービスが変更します。

それでは解説していきます。

ディズニーデラックスとディズニープラスの違い

ディズニーデラックスディズニープラス
運営ウォルトディズニー
&
NTTドコモ
ウォルトディズニー
&
NTTドコモ(日本版)
料金770円(税込)770円(税込)
総作品数映画・TV番組合わせて6000本以上映画・TV番組合わせて7500本以上
配信作品ディズニー
ピクサー
マーベル
スターウォーズ
ディズニー
ピクサー
マーベル
スターウォーズ
20世紀フォックス
ナショナル ジオグラフィック
オリジナル作品なしあり
画質HD画質4K画質(日本はまだ)、Dolby Atmos対応
対応デバイスChromecast、Appletv、Fire TV Stick、 スマートテレビChromecast、Appletv、Fire TV Stick、 スマートテレビ、PS4(日本版は未定)、Xbox(日本版は未定)
無料トライアル期間31日間31日間

結構違いがあるので、1つ1つ説明していきますね!

運営の違い

冒頭で説明しましたが、「ディズニーデラックス」はNTTドコモとウォルトディズニー共同で、日本版の「ディズニープラス」もNTTドコモとウォルトディズニーの協業で運営していきます。

他国の「ディズニープラス」はウォルトディズニー単体で運営しています。

「ディズニーデラックス」を利用する場合、NTTドコモの『dアカウント』とウォルトディズニーの『ディズニーアカウント』両方を作成する必要がありました。

日本版の「ディズニープラス」も「ディズニーデラックス」と同様、『dアカウント』『ディズニーアカウント』の作成が必須となります。

料金の違い

「ディズニーデラックス」から「ディズニープラス」になっても月額料金は770円(税込)のままです。

作品数の違い

ディズニーデラックスディズニープラス
作品数映画:344作品
TV番組:279作品
映画:522作品
TV番組:261作品

ディズニーデラックスでは6000本以上の映像作品(テレビ番組のエピソード数を含む)を見放題で視聴することができました。

映画とTV番組の作品数を計算したところ、映画:344作品、TV番組:279作品でした。

一方のディズニープラスは、wikipediaによると、7500本以上の映像作品(テレビ番組のエピソード数を含む)を見放題で視聴することができます。

映画とTV番組の作品数を計算したところ、映画:522作品、TV番組:261作品でした。

映画が約100作品ほど増えました。

また国によって配信される作品数が変わってくるので、サービスが開始され次第、また更新します。

配信作品

一番の違いはここですね!

『ディズニーデラックス』は「ディズニー」、「ピクサー」、「マーベル」、「スターウォーズ」の4つのブランドの作品が配信されていました。

『ディズニープラス』では「ディズニー」、「ピクサー」、「マーベル」、「スターウォーズ」の4つに加えて「20世紀フォックス」と「ナショナルジオグラフィック」の作品も配信されているのが特徴です。

そのため、『ディズニープラス』では「シンプソンズ」や「X-MEN」、「アイスエイジ」などの作品を視聴することができます!

オリジナル作品

『ディズニーデラックス』には、ディズニーデラックス限定のオリジナル作品はありませんでした。

ただし、ディズニープラスのオリジナル作品の一部を視聴することができました。

一方『ディズニープラス』には、ディズニープラスオリジナル作品が配信されています。

ディズニープラスオリジナル作品
  • マンダロリアン
  • ハイスクールミュージカル:ザミュージカル:シリーズ
  • アンコール
  • ファルコンとウィンター・ソルジャー(2020年後半配信予定)
  • ワンダ・ヴィジョン(2020年秋配信予定)
  • Marvel Hero Project
  • スターウォーズ:クローンウォーズ (season 7)
  • わんわん物語(2019)
  • ロキ(2021年前半配信予定)
  • What IF?(2021年夏配信予定)など

ディズニープラスは、スターウォーズのスピンオフドラマ「マンダロリアン」や今後配信予定のマーベルのTVドラマ、「ファルコンとウィンター・ソルジャー」、「ワンダ・ヴィジョン」など話題の作品が目白押しです。

「マンダロリアン」に関しては、ディズニーデラックスでも視聴することができました。

ただ、「マンダロリアン」が配信されたのが、ディズニープラスで配信開始の1か月後でした。

「ディズニープラス」に変わることで、より早くディズニープラスのオリジナル作品を視聴することができるようになります!

画質

テレビなどで観たい方には気になる画質。どちらもHD画質で画質の変化はありません。

海外の『ディズニープラス』では4Kや立体音響方式「ドルビーアトモス」にも対応していますが、残念ながら、日本版の『ディズニープラス』は4Kや「ドルビーアトモス」は未対応となっています。

対応デバイス

『ディズニーデラックス』は、Chromecast、Appletv、Fire TV Stick、 スマートテレビ、HDMIケーブルに対応していました。

こちらも画質同様、海外版の『ディズニープラス』はPS4やXboxにも対応しているのに、日本版『ディズニープラス』はPS4、Xboxに未対応となっています。

無料トライアル期間

『ディズニープラス』には『ディズニーデラックス』の時と同様、31日間の無料トライアル期間があります。


『ディズニーデラックス』を一度利用したことのある方は『ディズニープラス』の無料トライアルは利用できません。(ただし登録したことがないクレジットカードとメールアドレスがあれば可能。)

まとめ

  • ディズニープラスでは、「ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ」の他に「20世紀フォックス」「ナショナル ジオグラフィック」作品を視聴可能!
  • 『ディズニーデラックス』会員なら、追加料金なしで『ディズニープラス』を利用できる

今回はディズニーデラックスとディズニープラスの違いについて解説しました。

いよいよ『ディズニープラス』が6月11日に日本に上陸します。


海外版の『ディズニープラス』に比べて、日本版の『ディズニープラス』は4K未対応やPS4、Xbox未対応など様々な制約がありますが、今まで『ディズニーデラックス』で配信されていなかったオリジナル作品や20世紀フォックス作品などを視聴できるので、登録の価値アリです。

現在、『ディズニーデラックス』の会員の方は、そのまま追加料金なしで『ディズニープラス』を利用できるので、6月11日が楽しみですね!


では!